Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
メインコンテンツに移動


レトロゾール

レトロゾール
CAS Number: 112809-51-5 

レトロゾール

薬効分類
抗がん/腫瘍
API技術
合成
投与形態
経口液剤
Reddy博士の研究状況
有効
利用可能な規制申請
USA
Canada
CEP
Japan
CEP
イノベーターブランド(米国)
Femara

Mechanism of Action

The growth of some cancers of the breast is stimulated or maintained by estrogens. Treatment of breast cancer thought to be hormonally responsive (i.e., estrogen and/or progesterone receptor positive or receptor unknown) has included a variety of efforts to decrease estrogen levels (ovariectomy, adrenalectomy, hypophysectomy) or inhibit estrogen effects (antiestrogens and progestational agents). These interventions lead to decreased tumor mass or delayed progression of tumor growth in some women. In postmenopausal women, estrogens are mainly derived from the action of the aromatase enzyme, which converts adrenal androgens (primarily androstenedione and testosterone) to estrone and estradiol. The suppression of estrogen biosynthesis in peripheral tissues and in the cancer tissue itself can therefore be achieved by specifically inhibiting the aromatase enzyme. Letrozole is a nonsteroidal competitive inhibitor of the aromatase enzyme system; it inhibits the conversion of androgens to estrogens. In adult nontumor- and tumor-bearing female animals, letrozole is as effective as ovariectomy in reducing uterine weight, elevating serum LH, and causing the regression of estrogen-dependent tumors. In contrast to ovariectomy, treatment with letrozole does not lead to an increase in serum FSH. Letrozole selectively inhibits gonadal steroidogenesis but has no significant effect on adrenal mineralocorticoid or glucocorticoid synthesis. Letrozole inhibits the aromatase enzyme by competitively binding to the heme of the cytochrome P450 subunit of the enzyme, resulting in a reduction of estrogen biosynthesis in all tissues. Treatment of women with letrozole significantly lowers serum estrone, estradiol and estrone sulfate and has not been shown to significantly affect adrenal corticosteroid synthesis, aldosterone synthesis, or synthesis of thyroid hormones.

Reddy博士の専門知

ハイデラバード(インド)に本社を構えるReddy博士の研究室は、世界的に有名な活性医薬成分(API)供給業者のひとつです。Reddy博士のAPIビジネスは米国、ヨーロッパ、ブラジル、南米、日本、中国、韓国、その他新興市場における医薬品メーカーに相応しいパートナーです。

Reddy博士(-)APIビジネスは、弊社はステロイド、ペプチド、複合的長鎖分子、高力価API(HPAPI/腫瘍薬)を含む複合型APIの製造開発部門において過去30年間以上にわたり築き上げてきた実績を強みとしており、そしてその技術的強みをもって成長してきました。この専門知は弊社の知的財産および規制関連業務における優れた実績によって補完されています。

弊社の顧客が市場への早期参入者となるのをお助けするうえでの重要ポイントは、即応性の高い供給チェーンです。弊社は品質、安全性および生産性に関する最新の基準に則り、あらゆる工場が効率よく、なおかつ最適なコストで操業することを保証しつつ、成し遂げてきました。ビジネスと工場間の強い相互的繋がりのおかげで、市場の動的な変化を素早く察知しているからこそ、不足を回避したり、突発的需要を充足したりすることができるのです。

連絡先

以下のフォームにすべて記入してください。その後、弊社から返信メールが届きます。

Eメール(お問い合わせ): api@drreddys.com |   +91 40 49002253

免責事項:

有効な特許により保護された製品の売り上げが特許権侵害訴訟の対象となり得る国において、売り上げのために提供してはなりません。ただし、その事例は特定の市場または国に限定されます。可用性および製品の適合性に関するさらなる情報については、 弊社までお問い合わせください。

活性医薬成分(API)に関する情報、想定され得る作用機序をはじめ、すべての製品の情報は、公開されている製品ラベルに準拠しています。

Eメール(お問い合わせ): api@drreddys.com | +91 40 49002253