Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
メインコンテンツに移動


プライバシーポリシー

導入

本プライバシーポリシーでは、Reddy博士およびその系列会社、子会社ならびに事業者が有効な個人情報に関する法律および規制のもとで個人情報(被雇用者、顧客、供給業者、キー・オピニオン・リーダー(KOL)、患者、医療従事者(HCP)を含む)を収集、保持、使用、処理、破棄する方法を述べています。貴殿が属するデータ主体の範疇に依拠し、貴殿の個人情報、機密性の高い個人情報かつ/または以下に示される文書(“パーソナルデータ”はどのように使用されますか?“のセクションを参照すること)において(総称および別個に“パーソナルデータ”と呼ばれる)臨床試験に関連するいかなるデータをもってReddy博士により実行される処理に関して、さらなる情報を得ることができます。本プライバシー通知の目的のために、Reddy博士およびその系列会社、子会社ならびに事業者は貴殿のパーソナルデータに対するデータコントローラとして看做された会社を参照し、どの会社が貴殿のパーソナルデータを制御するデータコントローラであるかどうかを特定します。以下の“コントローラおよびグローバルデータ・プライバシー管理者の身元情報ならびに問い合わせ先”を参照してください。

誓約

Reddy博士の会社は、パーソナルデータのプライバシー保護のために寄与します。なお、(EU一般データ保護規則(以下“GDPR”)の2016/679規制、ならびに弊社の業務を管轄する国における個人情報保護に関するその他のいかなる法令に則った場合と同様、責任ある手段で対処します。

弊社がオフラインで入手した直接的な連絡先を通じて、親権者(例. 親、保護者) の事前の許可なく、18歳未満の未成年者のパーソナルデータを収集、使用もしくは開示することはありません。弊社は親権者に未成年者のパーソナルデータの取り扱いに関する情報を提供しています。

Reddy博士の関連会社は常に、`グローバルデータ・プライバシー・フレームワーク`(それに参照されるかつ/または関連するその他いかなる文書を含む)に則り貴殿のパーソナルデータを処理します。グローバルデータ・プライバシー・フレームワークについては、会社のホームページ内に記載があります。

パーソナルデータ”はどのように使用されますか?

Reddy博士の関連会社が貴殿の属するデータ主体の範疇に従って貴殿のパーソナルデータをどのように所有しているかについて記述した情報については、以下の通りです。

  1. 貴殿がReddy博士の関連会社の被雇用者、顧客、供給業者、キー・オピニオン・リーダー、医療従事者である場合には、Reddy博士の関連会社が貴殿のパーソナルデータをどのように取り扱っているかをはじめ、弊社が開示しているパーソナルデータの取り扱いおよび保持に纏わる法的権限、貴殿のデータの国際的譲渡に関する情報について、グローバルデータ・プライバシー・フレームワーク(ここに参照されるかつ/または関連するその他いかなる文書を含む)をチェックしてください。
  2. 貴殿がReddy博士の関連会社の臨床試験の患者である場合には、Reddy博士の関連会社が貴殿のパーソナルデータをどのように取り扱っているかをはじめ、弊社が開示しているパーソナルデータの取り扱いおよび保持に纏わる法的権限、貴殿のデータの国際的譲渡に関する情報について、グローバルデータ・プライバシー・フレームワーク(ここに参照されるかつ/または関連するその他いかなる文書を含む)をチェックしてください。

弊社はパーソナルデータを誰に開示しますか?私のデータは欧州経済領域外で譲渡されるのでしょうか?

貴殿のデータが法律または契約要件に従ってデータコントローラにより譲渡される可能性はあります。また、弊社が国内の個人情報保護に関する法律ならびに規則によって許可される範囲内において、およびそれらに従って、第三者であるサービス提供者(給与支払い、宿泊、旅行チケットの予約、被雇用者への褒美の付与、経験証明書の提供、出口手続きの完了、費用の払い戻し、仕事上のEメールを含みますが、上記に限定されません)に、貴殿のパーソナル情報を提供することもあります。

さらに、貴殿の情報が開示される可能性があります:

  1. 有効な法律または規則の要件によって許可ないし要求される通りに開示します。その場合、弊社はその状況下において必要とされる情報のみを開示するよう努めます;
  2. 捜索令状、召喚状もしくは裁判所命令等、明白な法的プロセスに従い開示します;
  3. Reddy博士の関連会社の報告義務の一部として開示します;
  4. Reddy博士の関連会社の権利および所有する財産の保護を目的とする場合において開示します; or
  5. 緊急性を要する状況、もしくは人物または人物が所属する集団の安全性の確保が求められる場合において開示します;

上記のセクション“パーソナルデータはどのように使用されますか?”に記載された関連情報文書には、Reddy博士の関連会社によって運用される貴殿のパーソナルデータの国際的譲渡に関する記述があります。

Reddy博士の関連会社は、貴殿のパーソナルデータが同一の保護法により遵守された状況下で譲渡されることを約束すべく最善を尽くします。さらに、第三者のサービス提供者が貴殿のパーソナルデータの安全性および機密性のために適切な技術的およびその他然るべき手段をとることを約束します。

どのくらいの間、Reddy博士の関連会社は貴殿のパーソナルデータを保存しますか?

貴殿のパーソナルデータは、弊社の業務が遂行される国における有効な法律が定めるところにおいて一定期間保存されます。有効な法律または規則の要件によって許可ないし要求される場合を除き、Reddy博士の関連会社は貴殿のパーソナルデータを収集する目的を果たす必要がある場合(法律上、会計上、その他いかなる報告要件ないし義務を含む)に限り、貴殿のパーソナルデータを保持するよう努めます。弊社は貴殿のパーソナルデータを破棄または消去せず、貴殿を想起しないよう、もしくは貴殿まで遡ることのないよう、匿名性を遵守するものとします。

貴殿の権利

  1. 貴殿はパーソナルデータへのアクセス、パーソナルデータの訂正または消去に対して要求したり、当該データの処理またはデータポータビリティーを制限したりする権利を有します。
  2. 貴殿がパーソナルデータの処理に合意した場合、合意が撤回されるまで、データ処理の合法性に影響を及ぼし得ないいかなる時も、口頭での合意に対し撤回する権利を有します。(ただし、特定の状況に限定されます)。
  3. 貴殿はパーソナルデータを検閲、確認もしくは訂正することができます。
  4. 貴殿は弊社が有効なデータ保護規則を遵守していないと判断した場合、弊社のデータ保護部門に対し苦情を申し立てることができます。貴殿の権利の行使がReddy博士により適切に対処されなかった場合には、監督当局に対し苦情を申し立て要る権利を有します。

注釈:

i.コミュニケーションは文書上で行われなければなりません。

ii.貴殿がいかなる権利を行使する時に、弊社は貴殿の身元を確認すべく、貴殿から特定の情報を要求することがあります。貴殿に補佐が必要である場合には、データ保護部門にお問い合わせください。

iii.権利は絶対的であってはなりません。有効な法律または規則の要件のもとで、貴殿の権利の行使への対処を拒否することを弊社に許可ないし要求されるケースがあります。さらに、貴殿のパーソナルデータが、弊社の記録保存義務・実践およびデータ最小化の原則に従って、破棄、消去もしくは匿名化される可能性もあります。

データコントローラ

Reddy博士の関連会社は有効な個人保護の法律または規則の目的のために、貴殿のパーソナルデータに対するデータコントローラにもなり得ます。貴殿のパーソナルデータに対するデータコントローラとして看做されている人物を決定するための手続きは以下の通りです。

a)貴殿がReddy博士の関連会社の被雇用者である場合、貴殿のパーソナルデータに対するデータコントローラは、貴殿が雇用契約書の署名を交わした人物のいる会社でなければなりません。

b)貴殿が顧客、供給業者、キー・オピニオン・リーダー(KOL)、医療従事者(HCP)のいずれかである場合、貴殿のパーソナルデータに対するデータコントローラは、貴殿が雇用契約書の署名を交わした人物のいる会社でなければなりません。

c)貴殿が臨床試験中の患者である場合、貴殿のパーソナルデータに対するデータコントローラは、貴殿が契約書・合意書の署名を交わした人物のいる会社でなければなりません。

手段

Reddy博士の関連会社はパーソナルデータの安全性を確保するために、必要に応じて技術的および組織的手段をとるものとします。パーソナルデータは不正開示かつ/または違法な処理に対して保護される必要があります。以上の手段は、有効な要件、保護されるデータの性質、およびそのようなデータを処理時に生じるリスクを加味の上で想定された適切な安全性のレベルを充足したものとします。

履行

Reddy博士の関連会社は、有効なデータ保護規則を履行・遵守する責任を有します。契約上の規約に従った第三者によるパーソナルデータの処理に関する手順については、文書にて示されなければなりません。Reddy博士の関連会社は、契約上の第三者がデータを適切に処理し、グローバルデータ・プライバシー・フレームワーク(ここに参照されるかつ/または関連するその他いかなる文書およびプライバシー通知を含む)に記載された規約に従うことに合意します。第三者がいかなる時もパーソナルデータの適切な安全性を保証することができない場合、Reddy博士の関連会社は裁量により第三者との契約を終了することができます。

本プライバシー通知の改訂

Reddy博士の関連会社は、法律上または規制上の義務または弊社が貴殿のパーソナルデータを取り扱う方法を変更するために、グローバルデータ・プライバシー・フレームワーク(ここに参照されるかつ/または関連するその他いかなる文書および本プライバシー通知を含む)に従い改訂することがあります。グローバルデータ・プライバシー・フレームワーク(ここに参照されるかつ/または関連するその他いかなる文書および本プライバシー通知を含む)のいかなる改訂・変更は適切に処理されます。

お問い合わせ先

弊社のプライバシーポリシーおよび実践について質問はございませんか。もし気がかりなことがございましたら、弊社のデータ管理者までお問い合わせください。

Eメール ID: dataprivacy@drreddys.com

住所: プライバシーデータ管理者
Dr.Reddy's Laboratories Limited,
D.No: 8-2-337,
Road No: 3, Banjara Hills
Hyderabad - 500034
India.