メインコンテンツに移動

クイックコネクト クイックコネクト

Ruxolitinib Phosphate

Ruxolitinib Phosphate

Ruxolitinib Phosphate-API
CAS Number: 1092939-17-7

Ruxolitinib Phosphate

薬効分類
抗がん/腫瘍
API技術
合成
投与形態
経口液剤
Dr Reddy's の開発状況
開発中
イノベーターブランド(米国)
JAKAFI

Mechanism of Action

Ruxolitinib, a kinase inhibitor, inhibits Janus Associated Kinases (JAKs) JAK1 and JAK2 which mediate the signaling of a number of cytokines and growth factors that are important for hematopoiesis and immune function. JAK signaling involves recruitment of STATs (signal transducers and activators of transcription) to cytokine receptors, activation and subsequent localization of STATs to the nucleus leading to modulation of gene expression.

MF and PV are myeloproliferative neoplasms (MPN) known to be associated with dysregulated JAK1 and JAK2 signaling. In a mouse model of JAK2V617F-positive MPN, oral administration of ruxolitinib prevented splenomegaly, preferentially decreased JAK2V617F mutant cells in the spleen and decreased circulating inflammatory cytokines (e.g., TNF-alpha , IL-6).

JAK-STAT signaling pathways play a role in regulating the development, proliferation, and activation of several immune cell types important for GVHD pathogenesis. In a mouse model of acute GVHD, oral administration of ruxolitinib was associated with decreased expression of inflammatory cytokines in colon homogenates and reduced immune-cell infiltration in the colon.

Indication

Jakafi is a kinase inhibitor indicated for treatment of:
•  intermediate or high-risk myelofibrosis, including primary myelofibrosis, post-polycythemia vera myelofibrosis and post-essential thrombocythemia myelofibrosis in adults. (1.1)
•  polycythemia vera in adults who have had an inadequate response to or are intolerant of hydroxyurea.
•  steroid-refractory acute graft-versus-host disease in adult and pediatric patients 12 years and older.

Dr. Reddy’sの専門知識・技術

ハイデラバード(インド)に本社を構えるDr. Reddy’s Laboratoriesは、世界的に有名な原薬(API)供給業者です。Dr. Reddy’sのAPIビジネスは米国、ヨーロッパ、ブラジル、南米、日本、中国、韓国、その他の新興市場において製薬会社の推奨パートナーとなっています。

Dr. Reddy’sのAPIビジネスは、ステロイド、ペプチド、複合長鎖分子、高薬理活性API(HPAPI /腫瘍学薬)など、複合APIの開発・製造において、30年以上にわたり高度な技術的実績を築き上げ、成長しています。この専門知識・技術は弊社の知的財産および規制関連業務の実績と共に、一貫して規制基準を満たし、それを超える優れた価値を生み出しています。Dr. Reddyの(-) API, R&D (研究開発)、IP、規制の高度な専門知識・技能の結果です。

顧客が真っ先に市場に参入するのに重要な要素は、機敏な供給網です。弊社は全施設を効率的に、そしてコストを最適化して稼働させ、品質と安全性、また、生産性の最新基準に従うことで、そうした供給網を実現させます。オフィスと工場の結びつきを強化し、ダイナミックな市場の変化に迅速に対応しています。そうした理由から、弊社は不足を解消して突発的な供給を満たすことができるのです。

問い合わせ先

下のフォームにすべて記入してください。その後、弊社から返信のメールをお送りいたします。

弊社Eメールアドレス: api@drreddys.com | +91 40 49002253

免責事項:

有効な特許により保護されている製品は、その製品の販売が特許を侵害する国では販売のために提供されることはありません。特定の市場または国では、製品の入手が制限されている場合があります。製品の入手と適合性についての詳細は、 弊社までお問い合わせください。

原薬(API)、症状、想定される作用機序を含む、すべての製品情報は公開されている製品ラベルに準拠します。

弊社Eメールアドレス: api@drreddys.com | Phone +91 40 49002253